【金子正男】八戸を盛り上げるプロジェクトプロデューサーに就任~八戸で繋がろう!目標888名【pacchi】公会堂プロジェクト2026〜日本一朝早く会えるアイドルを日本No.1のアイドルに!~

日本ご当地アイドル活性協会代表・金子正男(48)が八戸を盛り上げるプロジェクトプロデューサーに就任した。

プロジェクト名は「八戸で繋がろう!目標888名【pacchi】公会堂プロジェクト2026〜日本一朝早く会えるアイドルを日本No.1のアイドルに!」

2026年に八戸市公会堂(1542席)でワンマンライブが予定されている青森県八戸市ご当地アイドル「pacchi(ぱっち)」と八戸に関わる人を繋げる企画。

残り2年間、八戸の輪を繋げる意味で「目標888名」を掲げて全国に話題を提供していく、そうだ。果たして真の“八戸愛”は生まれるのか?目が離せない。

なお協会代表の金子は、舘鼻岸壁朝市における「pacchi」朝市アイドル企画の立案者であり、「pacchi」のグループ名、全国区に広まった「日本一朝早く会えるアイドル」というキャッチコピーの名付けの親でも知られている。次はどんな手で “地方活性” させていくのか?乞うご期待です。

△写真:青森県八戸市ご当地アイドル「pacchi(ぱっち)」

 

日本ご当地アイドル活性協会代表の金子正男に「プロジェクト理由」を聞いてみた。

金子 東京のアイドルさんは最終目標を武道館に置くことが多いです。先日pacchiさんがフルーツジッパーさんの武道館ライブに来られて10,000人を超える景色に感動されていました。それを見て「あー、我が街にも武道館できないかな?武道館に代わるものってなんだろう?」と思ったとき八戸公会堂(1542席)の大ホールを思い浮かべました。八戸市民の力で武道館のような景色を作れたら、本当の市民参加型地元PRアイドルの完成系になるなあと思いました。
是非!pacchiの成功例から全国47都道府県に『我が街、武道館プロジェクト』を成立させたいと考えております。
まさにAKB48さんが作ったアイドル総選挙ならぬ、ご当地アイドルさんが作る『我が街、大ホール満席プロジェクト』と言えるでしょう。2年かけて八戸市民に自分達の良さをPRする良い機会だと思っております。

 

また同日にpacchiの妹分ユニット「トゥインクル研究生」がデビューすることが決まった。

△写真:トゥインクル研究生

 

《金子正男・経歴》
1975年埼玉県朝霞市生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業後、地上波放送局、角川映画(現・KADOKAWA)、インディーズ映画・音楽会社へ。
40歳で全国のアイドルをサポートする団体「日本ご当地アイドル活性協会」代表として独立。①地域活性 ②文化向上 ③世界発信 の3本柱を掲げる。海外や芸能界に通用するアイドルを育てようと全国各地を飛び回る。
「pacchi」の朝市アイドル企画立案、グループ名、「日本一朝早く会えるアイドル」のキャッチコピーの名付けの親でも知られている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る